発育性股関節形成不全のお話

整形外科

発育性股関節形成不全とは

股関節イラスト難しい病気のように聞こえるかもしれませんが、少し前までは「先天性股関節脱臼」と言われていた病気です。先天性というと生まれつきの病気と思われがちですが、生まれつき脱臼していることは少なく、生後の環境要因によって股関節が脱臼する例が多いことがわかり、病気の名前も変わりました。脱臼というのは関節が抜けてしまう状態ですが、完全に抜けずに不安定な状態になったり(亜脱臼)、股関節がうまく成長しなかったりする状態(形成不全)も含め、発育性股関節成不全と呼ばれています。今回は完全に脱臼した状態に限定して書かせて頂きます。



この病気は現在1000人に1〜3人の患者さんがいますが、1960年代と比較すると約1/10に減少しています。その理由として少子化もありますが、1970年代に股関節脱臼を予防するための啓発活動がなされたことで減ったと考えられています。具体的には、赤ちゃんのオムツをぎゅっと締めすぎないこと、おくるみでくるまないことなどを指導されてきました。というのも、赤ちゃんの股関節は開いた状態でバタバタ自由に動かすことにより良好な発達が得られるためです。抱っこの仕方も大切で、赤ちゃんが股を開いた状態で抱っこすること(コアラ抱っこ・たて抱っこ)が推奨されます。股関節脱臼はこのように予防できる可能性があること、もし脱臼しても早く診断され、適切な時期に治療を受けることで、赤ちゃんへの負担が少なく、しいてはご家族の負担も少なく治療できることにつながります。早期に診断がついた場合は8〜9割は外来での装具治療が可能です。


早期の診断が重要であるため、乳幼児健診(多くは3-4カ月時)で必ず股関節の状態もチェックされます。
日本整形外科学会が推奨しているチェック項目は以下の5項目です。

  1. 股関節開排制限(またの開きが悪い:写真(1))
  2. 大腿皮膚溝の左右差(太もものしわが左右で違う:写真(2))
  3. 家族歴(両親や祖父母、兄弟従妹に股関節の病気をした、手術をした人がいる)
  4. 女児
  5. 骨盤位分娩

写真(1)3カ月の赤ちゃんです。右の股関節が脱臼しており開きが悪いです。

写真1 股関節の開きが悪い

写真(2)脱臼している右側は、太ももの裏にまで深くしわがあります。

写真2 しわのかずが違う


このうち1がある場合か、2〜5のうち2項目以上を満たす場合、二次検診を受けるように推奨されています。しかしこの病気が少なくなってきたことで脱臼を診察したことがある医師も少なくなり、健診を受けていたけれども異常を指摘されないまま成長し、1歳を過ぎ歩き始めて診断に至ることがあります。脱臼していても小さい頃は痛みもなく歩行が出来ますが、発見が遅れると多くは長期間入院して牽引治療や手術が必要となります。このように発見が遅れるお子さんが日本全国で増加しており、整形外科の学会でも問題視されるようになってきています。歩き始めてから脱臼と診断され、当院で治療を受けたお子さんのほとんどは、ご両親や祖父母が「なんか歩き方が変だと思っていた」とおっしゃっていました。


特に現在は新型コロナウイルスの影響で、何か心配があっても同居家族以外に相談しづらい状況にあり、ご家庭内で不安を抱えていらっしゃることもあるかと思います。健診で異常がないと言われた場合でも、気になることがあれば早めにかかりつけの先生や保健師に相談してください。当院に直接ご連絡いただいても構いません。


発育性股関節形成不全はお子さんの命に関わる病気ではありませんが、オムツや抱っこの仕方の工夫で予防しうる病気であり、もし脱臼したとしても早期診断し適切な治療をしていくことが大切です。その一助になればと考えておりますので、ご家族だけでなく、地域の開業医の先生方もお気軽にご相談いただければと思います。



診療科のご案内

整形外科


この記事は2020年11月現在のものです。

このページのトップへ

地方独立行政法人筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

筑後市立病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定第GB206号

筑後市立病院は館内禁煙となっております。ご理解とご協力をお願い致します。

地方独立行政法人 筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

© 2016筑後市立病院. All Right Reserved.