暑さに負けるな~熱中症予防と対策~

外科

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のことです。
熱中症は死に至る可能性のある病態ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。また応急処置を知っていれば救命できます。通常、発汗(汗の蒸発)や、皮膚に血液を集めることで起こる皮膚温上昇による外気への熱伝導により、体温は低下します。しかし、体のバランスが破綻すると体に熱がたまり体温が上昇し、熱中症となります。


熱中症の症状と重症度分類

Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症

  • 立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる)を認めたら熱失神です。
  • 筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)は熱けいれんです。
  • 大量の発汗を認めます。

Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症

  •  熱疲労は頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感を認めます。

Ⅲ度:入院して集中治療の必要性のある重症

  • 意識障害、けいれん、手足の運動障害
  • 高体温(体に触ると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)

 ※Ⅱ度以上では直ちに救急車を呼びましょう。

熱中症の症状と重症度分類

 熱中症の症状で重症度を判断し、すばやい対応が必要です。

分類

症状

状態

対策

病型

Ⅰ度

軽症

めまい・失神

「たちくらみ」という状態で、脳への

血流が瞬間的に不十分になっている。

すぐに涼しい場所へ移して体を冷やし、水分を与える。

熱失神

筋肉痛・筋肉硬直

筋肉の「こむら返り」のことで、その

部分の痛みがある。発汗にともなう塩分の欠乏により起こる。

熱けいれん

大量の発汗

Ⅱ度

中等症

頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感

体がぐったりする。力が入らない。

すぐに病院へ搬送する。

熱疲労

Ⅲ度

重症

意識障害・けいれん・手足の運動障害

呼びかけや刺激への反応がおかしい、体がガクガクとひきつけがある、まっすぐ走れない・歩けないなど。

すぐに病院へ搬送する。

高体温

体に触ると熱いという感触。

熱射病

環境省熱中症環境保健マニュアルを元に改編

熱中症が起こりやすい条件

熱中症といえば、炎天下に長時間いた、真夏の暑いなか運動をしていたといったケースを想像するかもしれません。しかし、実際はこうした典型的な場面ばかりではありません。実は、梅雨の合間に突然気温が上がったなど、身体が暑さに慣れていない時期にかかりやすい病気でもあります。
気温が高い時、湿度が高い時、風が弱い、日差しが強い時、照り返しが強い場所、急に暑くなった時は注意が必要です。意外なところでは、気温が低い日でも湿度が高いと熱中症にかかりやすくなります。
また、家の中でじっとしていても室温や湿度の高さから熱中症にかかることもあり、救急要請時の発生場所では、住宅等居住施設が全体の37%を占め最も多く、次いで道路・交通施設が25%を占めています。最近ではこのような室内型熱中症が注目されています。

こんな日は熱中症に注意。気温が高い、湿度が高い、風が弱い、急に暑くなった

環境省熱中症予防カード

こんな人は特に注意!

まずは、乳幼児。大人よりも新陳代謝が活発で体温が高く、体外に汗を出す汗腺の発達が未熟のため、乳幼児は体温のコントロールがうまくできません。そのため、外出時には水分補給や服装に気をつけてあげましょう。顔が赤くなっていたり、汗をたくさんかいているときには、すぐに涼しい場所に移動させましょう。
また、年をとると体内の水分割合が少なくなります。さらに高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくいため、熱中症になりやすいのです。加えて、心機能や腎機能が低下していると、熱中症になった時の症状が重くなりやすいという傾向もあります。
このほか、運動に慣れていない運動部の一年生、肥満の人、寝不足や疲れなどで体調が悪いとき、二日酔いや下痢などで体内の水分が減っているときも、熱中症が起こりやすくなります。ちなみに、肥満の人に起こりやすいのは、皮下脂肪が多いと体内の熱が外に逃れにくくなるからです。

その夏バテは「かくれ脱水」では?

夏になると夏バテになり、疲れやすくなったり、食欲が落ちたりします。それは「かくれ脱水」かもしれませ
ん。深刻な症状につながる脱水症の前段階の「かくれ脱水」の状況で対応するのがベストです。

かくれ脱水

本人が気づかないうちに体内の水分が足りなくなっています。放っておくと、熱中症になることがあります。日頃から、こまめに水分補給(経口補水液)を心がけましょう!

室内でも注意しましょう

日本医師会健康プラザより引用

手の甲をつまんでチェック

 日本医師会健康プラザより引用

熱中症を予防するには?

熱中症を予防するには、次のようなことに気をつけましょう。

暑さを避ける

外出時にはなるべく日陰を歩く、帽子や日傘を使うなど。
家の中では、ブラインドやすだれで直射日光を遮る、扇風機やエアコンで室温・湿度を調整するなど。

服装を工夫

理想は、外からの熱の吸収を抑え、体内の熱をスムーズに逃がす服装です。
素材は、吸収性や通気性の高い綿や麻などがいいでしょう。
また、熱がこもらないよう、襟ぐりや袖口があいたデザインもおすすめです。ちなみに、薄着のほうが涼しいとはいえ、インナーを着たほうが肌とインナー、インナーとアウターの間に空気の層ができ、外からの熱気を遮断してくれます。

熱中症の予防法

環境省熱中症予防カード

こまめな水分補給

暑い日には知らずしらずのうちに汗をかき、体内の水分が失われているものです。のどが渇く前からこまめに水分を補給しましょう。ただし、コーヒーや緑茶などのカフェインが多く含まれている飲み物、アルコール類は利尿作用があるので適しません。
また、汗をかくと、水分と一緒にミネラルやビタミン。も失われます。水分補給だけではなく、ミネラルも補給するようにしましょう。ちなみに、スポーツ飲料は水分とミネラルを同時に補給できますが、糖分が多いのが欠点。飲み過ぎには注意が必要です。ミネラルを補給するには、麦茶などのほうがいいでしょう。
効果的な水分補給におすすめなのが、塩分と糖分を含んだ経口補水液です。ドラッグストアなどで販売していますが家庭でも簡単に作れます。経口補水液は水1ℓに塩を2〜3g(小さじ半分)と角砂糖を数個加えて作ります。

お家でできる脱水予防 おいしい“経口補水液”の作り方

水:1ℓ+食塩:2g(小さじ半分)+角砂糖:数個

塩分と糖分を含んだ水分補給が効果的です。

経口補水液+トマトジュース(無塩)



・トマトジュース(無塩)・・300ml
・水・・700ml
・塩・・小さじ1/2
・砂糖・・大さじ4と1/2

経口補水液+100%オレンジジュース



・塩・・小さじ3/4
・重曹・・小さじ1
・砂糖・・大さじ4
・100%オレンジジュース・・コップ1杯


 1ℓになるように水を加える

経口補水液+レモン、グレープフルーツの果汁



・水・・1 ℓ
・食塩・・2~3g(小さじ半分)
・砂糖・・20~40g(大さじ4と1/2)


これに果汁(レモン、グレープフルーツ)をしぼる 

【番外編】おかゆ+梅干



水分をたっぷり含んだお米は糖分で、塩辛い梅干が1つ入ったおかゆは「和製経口補水液」といえます。

暑さに備えた体作り

ウォーキングやランニングなどの運動で汗をかく習慣を身につけることも、大事な予防法のひとつです。日頃から暑さに身体を慣らしておきましょう。


熱中症の判断と応急処置

これって熱中症? 判断基準

気温や湿度が高い環境のなかで、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、体に力が入らない、ぐったりする、呼びかけへの反応がおかしい、けいれんがある、まっすぐに走れない・歩けない、体が熱いなどの症状がみられたときには、すぐに熱中症が疑われます。

なかでも、高体温、汗をかいていなくて触ると熱い、ズキンズキンとする頭痛、めまいや吐き気、意識障害がある場合は重症です。

 熱中症の応急処置

熱中症が疑われる場合は、次のような応急処置を行ないましょう。

  1. 涼しい環境に移す
    風通しの良い日陰や、クーラーが効いている室内に移しましょう。
  2. 脱衣と冷却
    衣類を脱がせて、体内の熱を外に出します。さらに、露出させた皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などで風をあて、氷嚢で首やわきの下、太ももの付け根を冷やし、
    体温を下げます。
  3. 水分と塩分を補給する
    冷たい水、特に塩分も同時に補える経口補水液やスポーツ飲料などを飲ませます。

環境省熱中症予防カード

 こんなときには医療機関に! 

熱中症を疑う症状があり、体がぐったりする、力が入らない、意識がない、または呼びかけに対する返事がおかしい場合は、すぐに救急車を呼びましょう。
意識がある場合は、前述の応急処置を行ないます。ただし、水分を自力で摂れない場合は、医療機関へ行きましょう。また、水分を自分で摂り、必要な応急処置を行なったものの、症状が改善しない場合も、医療機関に行きましょう。

環境省熱中症予防カード


熱中症は予防が可能ですし、正しい処置をすれば恐れる必要はありません。暑さに負けずに夏を乗り切りま
しょう。


この記事は2018年3月現在のものです。

このページのトップへ

地方独立行政法人筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

筑後市立病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定第GB206号

筑後市立病院は館内禁煙となっております。ご理解とご協力をお願い致します。

地方独立行政法人 筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

© 2016筑後市立病院. All Right Reserved.